2017/4/23「185(ひとはこ)読書会」レポート/テーマ:音

0

    185読書会レポート

    日時:2017年4月23日(日)14時〜16時

    場所:豆と麦と

    テーマ:音

    幹事:あん

    レポート:あん


    初の上山開催は晴天を迎え、桜も見頃でありました。「音」という大きなテーマに、みなさまどんな発想で選書されたかドキドキワクワク。愚者の楽園ご夫妻は愛娘と一緒に参加され、その愛らしさに大人たちは「かわいい!」の悲鳴。いやはや癒されました。今後もまじゃっていってくださいね〜。



    1.嵐田さん

    『蜜蜂と遠雷』恩田陸 幻冬舎

    史上初の直木賞と本屋大賞のダブル受賞という話題性よりもなによりも、人物描写も、物語性も、引き込まれる魅力があってドラマがあります。読了して時間が経ってもなお熱い。再読したいです。




    2.愚者の楽園 奥さん

    『中世なぞなぞ集』岩波文庫

    宮廷で貴族のことば遊びとして行われていたなぞなぞを集めた本です。今回はこの本の中にあらわれた日本語の音の変化を紹介しましたが、これを使って古代の人々が遊んでいたと思うと、親近感が湧き出て来るように思います。




    3.愚者の楽園 旦那さん

    『ジョン・ケージ』ダニエル・シャルル 岩佐鉄男訳 水声社

    ジョン・ケージは現代音楽家で、彼の音楽は今現在に至る音楽に大きな影響を与えています。本書はそのケージについての解説書。「音」に対する「沈黙」は実は対義するものではなく「絶えざるざわめき」であると考え、音の可能性は無限にあると認識させられる。もっともセンセーショナルな作品である「4分33秒」がどういった思想に基づくか知りたい方に。




    3.ことさん

    『声に出して踏みたい韻』細川貴英 オーム社

    「ヒット曲に隠された知られざる魅力」と書かれていますが、私が知っている曲は2、3曲 しかなかった……。ラップ知らないからあんまりわからなかった……。

    でも2章の日本語と英語の韻の違いはとってもおもしろい! 2章だけオススメです!




    4.青翰堂分店さん

    『すべての見えない光』アンソニー・ドーア 藤井光訳 新潮社

    第二次世界大戦下のお話。ドイツの孤児の少年とフランスの盲目の少女の人生が交錯していきます。音で伝えるラジオが重要な要素。普通の子どもより苦境を背負って戦争の時代を生きるふたり。話が明るくなりようもないのですが、このふたりが強く、尊く生き抜こうとする姿に勇気をもらいます。

    『蜜蜂と遠雷』恩田陸 幻冬舎

    読んでいる人も多いですよね。音楽を奏でる若者らのお話。音楽を聴く喜びを高めてくれます。




    5.亡羊堂さん

    『最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常』二宮敦人 新潮社

    音楽だけではないですが、異次元の世界があります。

    『角砂糖の日』山尾悠子 深夜叢書社

    音楽から歌、そして短歌という超レアな歌集です。




    7.あん

    『五重塔』幸田露伴 岩波文庫

    古典中の古典、誰もが知っているタイトルですが、読んだことのない人も多いのでは。初めこそ古文のような言い回しに読みづらさを感じますが、文体の力強さに絡め取られて読み込んでしまう傑作です。日本語本来の美しさもさることながら、古文と会話文を地続きにした独特の読み心地には、ドライブしているような疾走感とリズムを感じることができますよ。




    8. 菊池さん ※メールでのご参加です。

    『かようびのよる』デーヴィド・ウィーズナー 当麻ゆか訳 徳間書店

    字のない絵本です。火曜日の夜おそく、ぱっぱにのってやってくるカエルたち。その様子のスリリングなこと!字がないので、想像力がかきたてられます。ヌメヌメととびまわる「音」どんな音なんでしょうね。

    もひとつは春の絵本から。

    『ぽとんぽとんはなんのおと?』神沢利子 平山英三 福音館書店

    ゆきどけの季節を音で感じる絵本です



    スポンサーサイト

    0
      • 2017.09.09 Saturday
      • -
      • 00:00
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      カテゴリー



      最新の記事

      最近のコメント

      • 一箱古本市@山形、無事に終了しました。
        春るるる
      • 8/4「185(ひとはこ)読書会」開催のお知らせ
        かや
      • 一箱古本市@山形(2012.9.9)募集要項
        吉田屋遠古堂

      リンク



      アーカイブ

      qrcode

      PR